10月30日(火)に第一高齢者支援センター、三丁目町内会のご協力頂き町トレ・三燦会の主催で認知症サポーター養成講座を開催いたしました。町トレ終了後27名の皆さんが引き続き参加し、質疑応答を交え12時半まで密度の濃い学習を体験しました。日頃「認知症」には関心があっても、なかなか学習する機会を得ませんでしたが、基礎から認知症の方への対応の仕方、又サポーターとは「認知症の人を理解、寄り添い応援する人」と改めて認識しました。来年3月の年度末までに「介護保険ABC講座」を開催する予定です。次回はより多くの方々のご参加をお待ちしています。

高齢者支援のページでもご覧頂けます。